上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほったらかし温泉に行ってきました。

 こんばんは、おいちゃんです。

昨日お知らせしたとおり、石川さんと二人で山梨の温泉に行ってきました。
今回行ったのは、山梨駅の近くにある「ほったらかし温泉」と言う場所です。

http://www.hottarakashi.com/
『ほったらかし温泉』



図:地図

そういえば、去年も冬に二人で温泉行ったよね。
去年もそうでしたが、今回もわらこまの過去と未来について熱く語らいました。

15:00くらいからの出発だったのですが、
まずは二人ともお昼ごはんを食べていなかったので、
まずは、高速道路のパーキングで昼食です。


図:談合坂ラーメン

談合坂という場所で、「談合坂ラーメン」を食べました。
見た目通りのスタンダードな味でとても美味しくいただきました。

特に上手なことは言えません。



そしてまた旅を続けて、案外すぐに着きました。
高速道路なのでチョイチョイですわ。

まあ、僕は助手席に座っていただけなのですが。



図:ほったらかし温泉

市街地を抜けた山の上にある、小さな温泉です。
星がとてもキレイでした。



図:あっちの湯とこっちの湯

ほったらかし温泉には「こっちの湯」「あっちの湯」があります。
「こっちの湯」は修繕中だったので、「あっちの湯」に行きました。
「あっちの湯」は出来たばかりで、「こっちの湯」より大きいらしいです。

「こっちにある温泉はなんて言うんですか?」
「あっちの湯です」
「こっちの湯はどこにあるんですか?」
「こっちの湯はそっちにあります」
「どっちですか?」
「あっちです」


みたいな会話がきっと毎日繰り広げられているんだと思います。
ちょっと頭が痛くなってきました。


寒い夜にはちょうどいい温度の露天風呂だったので、
しばらくしゃべりながら入っていました。
効能はぜんぜん気にしていませんでしたが、
入った瞬間に肌がすべすべになって、

ああ、効いているんだなあ。何かが。
と言う気分になりました。

そして、温泉から上がります。



図:着替え場



着替え場に、こんな貼り紙がありました。


図:メッセージ


わりと不愉快な気分になるメッセージです。

なんとなく言葉の前には「人とぉ、言うものはー。温泉に入りますとぉー」みたいな事を
偉そうに上から話しているような感じです。

僕らがどれだけ汗をかいていると思っているかを無視して、
勝手に人の心に介入してきました。こいつ。

結局「ジュース買ってね」みたいなことを言いたいんだと思います。



図:外を歩く


図:夜景

夜景がとてもきれいでした。都会のように敷き詰められた光ではなく、
このまばらな光り方が、夜の世界を宝石のように輝かせてくれているのだと思います。


図:温玉あげ


歩いていると、売店に「温玉あげ」と言うメニューがあったので、
食べてみることにしました。

お客さんが周りに誰もいなくて、奥に店員さんがいたので、大きな声で
「温玉あげ2つくださーい!」と頼むと、



「券売機で券を購入してください。」
と奥の方から、そう冷たく言われました。

周りに誰もいないのに、ちょっと離れた券売機を使えと言う、
あくまでルールに忠実な店員に購入した券を渡し、温玉あげを受け取りました。



図:温玉あげ

温玉あげは、温泉玉子の周りを衣で包んだ食べ物です。
一口食べると、、、



図:中身

半熟の卵がとろ~りと出てきました。
美味しい、美味しい。


と言うことで、
ここ数日はお互いにハードスケジュールをこなしていたのですが、
美味しいものを食べて、ゆっくり温泉に浸かって、
のんびりとした夜を過ごせたような気がします。


そして、あの貼り紙が思っているさらにそれ以上
水分を補給して帰ってやりました。




※結局、戦略にハマったんだと思います。

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。