上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄のかたまり

 こんにちは、おいちゃんです。

バイクのエンジンがかからなくなってしまったので、
バイクショップに持っていきました。



図:僕のバイク。ビラーゴ250

エンジンのかからないバイクを運ぶのはけっこう大変です。
下り坂と上り坂を延々と歩き続けました。
普通に歩くだけでも40分くらいかかる辛い距離なのに、
こいつを運ぶとほんと重くて辛いのです。

1時間くらい歩いて、バイクショップに着きました。
ドンドンドン・・・!ドンドンドン・・・!
誰かいませんか!誰かいませんか!

僕  「この子を、この子を何とかしてください!40度の熱があるんです!」


店員「あーこれはバッテリーですね。(※シカト)」

僕  「いくらかかってもいいので、とりあえず直して欲しいんですよねー。」
店員「んじゃあ、修理立て込んでますので、後日来て頂けますか」
僕  「えー! 1時間かけて運んできたんですよ!あの坂から!」
店員「まあ、突然来られてもねぇ」
僕  「とりあえずぅ、このまま運んで帰ると言うのだけはー。
    なしの方向で、どうにかならんスかね?」

完全に下手に回ってしまい、言われるがままにせざるを得ない状況になりました。
また1時間バイクを押すくらいなら、この店員に抱かれてもいいと思いました。

店員「では、一時的にエンジンがかかるようにしますので、
    エンジンを切らずにお帰りください」


おお!そんなことが出来るのですか!
店員様(※完全に上下はっきり)はバッテリーにプラスとマイナスの
良くわかんないやつを当てて、エンジンをかけてくれました。

店員 「バッテリーはお店で買って持ち運んで家で取り付けられますので、
    もう運ばなくて大丈夫ですよ。」

と、神のような優しさあふれる言葉をいただきまして、
1時間かかった道を、5分で帰ってきて、試しにエンジンをもう一度かけたら、
やっぱりかかりませんでした。また、鉄のかたまりに逆戻り。

超・むなしい。



腕の痛みに加えて、ちょっとだけお尻が痛いのは、
筋肉痛だけのせいなのか、無我夢中で店員に抱かれたのかは、
覚えていませんが、無駄な疲れだけが残りました。

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。