上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dropboxをいまさら使い始めました

時代に乗り遅れつつ、Dropboxを使い始めました。

 

Ubuntu One の5GB無料を使っていたのですが、

同期が遅いのと妻のiPhoneから写真のバックアップができなかったので、

UbuntuとAndroidとiPhoneの各デバイスの親和性が高い、

Dropboxを選ぶことにしました。

 

http://www.dropbox.com
【 Dropbox 】

 

 

うまく設定できれば、一眼レフで撮った写真も含め(eye-fi)、

カメラは誰がどこで撮っても即連携できて、

ケータイからでもPCからでもブログやFacebookが更新できますし、

バックアップも万全になります。

 

 

 

私のAndroidから登録したのですが、HTCの特典なのでしょうか、

容量追加の申請の案内がメールで来ました。

 

 

 

 

申請すると、とても簡単なミッション(各デバイスでDropboxをインストールするとか、

共有設定のメールを飛ばすくらいです)を行うだけで、容量が26.75GBに増えました。

 

当然ながらリスクもあるわけで、子供のお風呂の写真とかは取れないですし、

夫婦で見せられない写真は撮れないですね(ねぇわ)

 

いま、携帯からPCにすごい勢いで写真が同期されています。

明日になったら、家族の数年分の写真がひとつにまとまると思うと、

ワクワクします。

 

 

そのうち、家のNASに同期を取る方法を考えたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

バッファロー WLI-UC-G301NをUbuntuで認識

IMAG0871
家のPCの無線LANアダプタが、いままでLogitecの150Mbpsのもので、

低速かつ不安定だったので、ルーターと同じメーカーである

バッファローの300Mbpsの無線LANアダプタに変えてみました。

 

http://buffalo.jp/products/catalog/network/wli-uc-g301n/
【WLI-UC-G301N】

 

1Fリビングに置いてあるルーターと2FにあるPCの間では、

ちょっとした環境の変化が通信に影響します。

 

今回の変更で、1FのPCからの接続が安定したことと、

下り8Mbpsから12Mbpsと僅かですが測定サイトでの

速度結果が向上していました。

 

また、事前にインターネットで調べていたとおり、

Ubuntuであっても、PCにUSBをすだけで認識してくれるので、

設定はとても楽でした。

 

 

 

めでたし!

 

Windows8.1 ライセンス認証 アクティベート方法

Windows8.1を物理PCからVirtualBoxの仮想PCへ移行したので、

ライセンス認証を再実施しました。

 

うちのPCのWindowsが仮想化されるまでの経緯は、

以下のようになっています。

Windows7 → Windows8アップグレードダウンロード版 → Windows8.1へアップグレード

移行と言いつつ基本的には再インストールなのですが、

単純には行かなかったのでメモです。

 

 

【その① インストールディスクが手元になかった】

 

今までは、購入したディスクが必ず手元にあったのですが、

Windows8はダウンロード販売で購入したものだったので、

単純にCDブートするだけのインストールではなかったのです。

 

http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/upgrade-product-key-only
【プロダクト キーのみを使用して Windows をアップグレードする】

 

購入時のメールを見るとプロダクトキーだけはあったので

上記でプロダクトキーを入力し、ISOイメージをダウンロードし再インストールしました。

 

 

【その② ライセンス認証が再度必要になった】

 

OSを仮想PCに乗せ替えると、ハードウェア構成情報が変わるので

アクティベートする必要があります。

00001

Windows8の画面右上のチャームから検索画面を表示し、

[すべての場所]-[ライセンス認証]を検索し、[Windowsのライセンス認証]を選択します。

 

00002

国または地域を選んでくださいの画面で、[日本]を選択し、[次へ]をクリックします。

 

00003

電話でインストールIDをお知らせくださいの画面で、

無料電話番号に記載された番号へ電話します。音声案内に従って、[インストールID]を入力します。

入力後、[確認IDを入力]をクリックします。

その後、私の場合は突然電話のコール音がなり、オペレータの方に電話がつながりました。

そこで、新しいハードウェアに変更したことを伝えると、

電話口で確認IDを教えられ、そのまま電話をつないだ状態で画面に入力し、

オペレータの方の案内通りに進めるとアクティベートが成功しました。

 

電話を切る前に、「毎回、人につながってしまうのか」と聞いたところ、

「一定の認証回数を超えた方は、つながるようになっている」とのことでした。

今回が何回かは教えていただけませんでしたが、Windowsをバージョンアップする度に

ライセンス認証を行っているので、今回は回数を超えていた。と言ったようでした。

 

夜中にテンション低めで作業をしていると、

突然の電話でびっくりするかもしれないので、お気をつけください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鶏チャーシュー丼


今日は、鶏チャーシュー丼でした。



今夜は妻の自信作です。
一日下ごしらえして最高に美味しくなった鶏肉と、前日から漬けてあった煮卵です。

ああ!食べ終わりたくない!
おいしい、おいしい。
と、言いながら食べました。





こちらは残り物のコロッケ。んまい。



週末から、体重が60.6㎏になりました。
ダイエットの効果、おそるべし。
今年のはじめは、65kgでした。

もうすぐ、50kg台です。



Eye-Fi mobi 8GB+Wi-Fi を OLYMPUS PEN Lite E-PL3 で使用する

デジカメで写真を撮り、SDカードを毎回パソコンへ移すことに疲れたので、
Eye-Fi mobi 8GB+Wi-Fi を買いました。

 

これを使えば写真を撮ってすぐに、
無線LANでカメラからスマートフォンに写真が転送されます。
SDカードを毎回出し入れせずに済みます。
 

 

 

 

 

 

Amazonで購入しました。シンプルな包装で届きました。

ワクワクしますね。

 

 

【 スマートフォン側の設定 】

1.スマートフォンにアプリを入れます。

https://play.google.com/store/apps/details?id=fi.eye.android&hl=ja
【Google Play Eye-Fi 】

https://itunes.apple.com/app/eye-fi/id306011124?mt=8
【 iTunes Eye-Fi 】

 

 

2.アプリを起動します。

3.Eye-Fi カードのパッケージに同梱されているアクティベートコードを入力します。

 

 

【 カメラ側の設定 】

 

 

1.Eye-Fi mobi カードをOLYMPUS PEN Lite E-PL3に挿入します。

2.[ MENU ] - [ カスタムメニュー ]  の順に選択します。

 

 

3.[ カスタムメニュー ] 画面で、[ その他 ] を選択します。

 

 

4.[ カスタム J ] 画面で、[ Eye-Fi 設定 ] を選択します。

 

 

5.[ Eye-Fi 設定 ] 画面で、[ On ] を選択します。

 

 

6.[ OK ] を選択後、[ MENU ] を数回押し、[ 撮影メニュー ] を表示します。

7.[ 撮影メニュー1 ] 画面で、[ 画質モード ] を選択します。

 

 

8.[ 画質モード ] 画面で、[ 静止画 ] - [ SN+RAW ] を選択します。
[ MN+RAW ] でもいいと思います。
※ここは、好みで設定します。
私は、あとからPCに取り込んで編集するRAWと
すぐにスマートフォンに転送するための低画質のJPGがあるといいと思ったので
この設定にしています。RAWだけ選択すると転送されないと思います。

 

 

9.写真を撮影してみます。私のコップです。

 

 

10.画面の左上のSDカードのマークが点滅すると、転送されたことになります。

 

 

11.アプリ側で、Eye-Fi を見ると、撮影した写真が転送されています。

すっごい楽です。

1つ気がついた事としては、

アプリをインストールして、OLYMPUS PEN Lite E-PL3 を起動した状態になると、

「Eye-Fi Card xxxxx」というアクセスポイントに自動的に接続され、

その間は、無線LANでインターネットへの接続ができなくなります。

カメラの電源を切ると、通常のアクセスポイントに再接続されます。

その辺りが若干不便ですが、カメラを起動しながらネットをすることはあまりないので

気にならないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。